電子マネー「楽天Edy(エディ)」とは|使い方やチャージの方法

楽天Edy

プリペイド式の電子マネー「楽天Edy(エディ)」の特徴やメリット、使い方を説明しています。楽天Edyの使えるお店、チャージの仕方にカードの購入方法なども詳しく解説しているので参考にしてください。

楽天Edy(エディ)とは

楽天Edy(エディ)とは楽天が提供する、事前にお金をチャージして利用することができるプリペイド型電子マネーのひとつです。

楽天Edyはローソン、セブンイレブンといったコンビニだけではなく、マクドナルドやヨドバシカメラなど、『全国55万ヵ所以上加盟店』で使うことができる国内でもトップクラスのシェア率を誇る電子マネーです。

「楽天」と名前が付いているので、楽天サービスに特化しているように思われますが、楽天を利用しない方でも便利なキャッシュレスの恩恵を十分に受けることができるので、楽天Edyに興味を持たれた方は是非この記事を参考にしてくださいね。

妻・コロちゃん

そもそも電子マネーって何?
レジに設置している専用の端末にカード(もしくはスマホ)をタッチするだけで精算ができるとても便利なサービスだよ

夫・ケンちゃん

楽天Edyの基本情報

形式プリペイド式(前払い方式)
最小チャージ単位1,000円 ※一部小銭によるチャージも可
一回当たりの
最大チャージ額
25,000円
最大チャージ限度額50,000円
チャージの方法現金・クレジットカード・銀行口座・オートチャージ・ポイントチャージ
ポイント還元率原則200円で1ポイント(0.5%)
還元のタイミングポイントサービスにより異なる
ポイントの種類選択可能(楽天Edyアプリの場合)
楽天Edy公式サイトhttps://edy.rakuten.co.jp/

楽天Edyの特徴・メリット

それでは電子マネー「楽天Edy」の特徴とメリットを一つずつ確認していきましょう。

楽天Edy特徴・メリット
  1. 決済がスムーズになる
  2. 入会費・年間費が無料
  3. ポイントが貯められる
  4. 楽天Edyの種類は大きく3つ
  5. 楽天Edyが使えるお店が豊富

① 決済がスムーズになる

これは楽天Edyに限ったことではありませんが、電子マネーを利用する一番のメリットは、決済が劇的にスムーズになるということです。

レジで細かなお釣りのやり取りで戸惑ったり、不要な時間がかかってしまうという経験は誰もがあると思います。

しかし、電子マネー楽天Edyを利用すると、端末にカードもしくはスマホをタッチするだけで決済が一瞬で完了するので、不要なやり取りや無駄な時間を使う必要がありません。

現金決済よりスピーディなクレジットカード決済に関しても、暗証番号の入力やサインの必要がありますが、楽天Edyでは面倒な暗証番号の入力もサインの必要もありません。

さらにクレジットカードをお店に渡す必要もないので、セキュリティ向上にもつながりますよ。

妻・コロちゃん

キャッシュレス決済の中でも電子マネー決済が一番スムーズやね!時は金なり

② 入会費・年間費が無料

気になる楽天Edyの入会費や年会費は、全て無料になっています。

毎日の生活を快適にしてくれる決済サービスが無料で利用できるのは嬉しいですね。

ただし、後述する「Edy-楽天ポイントカード」の購入には、購入費用の300円が必要になる場合があります。

クレジットカードにEdy機能を付けたり、おサイフケータイのアプリで利用する場合は無料で利用できますよ。

無料で楽天Edyが使えるのは何より嬉しいね

夫・ケンちゃん

③ ポイントが貯められる

楽天Edyを利用するとポイントを貯めることが可能です。

ポイントは、基本的には楽天スーパーポイントになりますが、「おサイフケータイ」のEdyを利用する場合は、好きなポイントを選んで200円(税込)につき1ポイントを貯めることができます。

楽天Edyポイント

  • 楽天スーパーポイント
  • ANAマイル
  • Ponta
  • GREEコイン
  • WALLET ポイント
  • ヨドバシゴールドポイント
  • Tポイント
  • エポスポイント
  • ビックポイント
  • マツモトキヨシ
  • エディオンポイント
  • ドットマネー

また楽天Edyでは、200円につき2ポイントが貯まる「ポイントプラス加盟店」のキャンペーンが行われています。

通常のポイント還元率は0.5%ですが、キャンペーンの店舗では2倍の1%が還元されるので、上手にお買い物をしてポイントをザクザク貯めていきたいですね。

妻・コロちゃん

ANAマイルやTポイントも貯めることができるんや!楽天ユーザーじゃなかっても楽天Edyを使う価値ありやね

④ 楽天Edyの種類は大きく3つ

楽天Edyの種類は大きく分けて下記の3つに分けられます。

楽天Edyの種類
  • Edy-楽天ポイントカード
  • Edy機能付き楽天カード
  • おサイフケータイ

Edy-楽天ポイントカード

Edy-楽天ポイントカード

「Edy-楽天ポイントカード」はオフィシャルショップで購入可能なプラスチックカード(リアルカード)です。

「Edy-楽天ポイントカード」の購入金額は300円ですが、キャンペーンで50円になっていることもあるので要チェックですよ。

またEdy-楽天ポイントカードで貯められるポイントは楽天スーパーポイントのみになります。※200円につき1ポイント(0.5%還元)

Edy-楽天ポイントカードを購入してお手元に届いたら、公式サイトで簡単な設定(登録)を行うことで、実際に利用することができるようになります。

Edy機能付き楽天カード

楽天Edy-楽天カード

通常の楽天カード(クレジットカード)に楽天Edyの機能を付けることができます。

楽天カードを既にお持ちの方は、楽天Edy付きのカードに切り替えることもできますよ。

楽天カード新規入会では、5,000円相当の楽天スーパーポイントが貰えるのも嬉しいですね。

楽天カードから楽天Edyにチャージした場合は、200円で1ポイントの楽天スーパーポイントが還元されます。

楽天カードからチャージして、楽天Edyを利用した場合は、楽天Edyの利用時の200円1ポイントとチャージを合わせると200円で2ポイントの還元になるので合計で1%還元になります。

また楽天市場で楽天カードを利用すると3%のポイント還元になるという特典もあるので、楽天市場を利用する方なら楽天カードは必須のカードですね。

おサイフケータイ

楽天Edy-おサイフケータイ

「おサイフケータイ」が使えるAndroidのスマホでは、楽天Edyをおサイフケータイに入れて利用することが可能です。

おサイフケータイで楽天Edyを使う方法は、たった3ステップです。

  1. アプリをダウンロード
  2. 貯めるポイントを設定する
  3. チャージする

アプリは下記のバナーからダウンロード可能です。貯めるポイントは前述しているように、楽天スーパーポイント以外にも様々なポイントを貯めることができますよ。

楽天Edy:ポイントがドンドン貯まる便利でお得な電子マネー

楽天Edy:ポイントがドンドン貯まる便利でお得な電子マネー

楽天Edy株式会社posted withアプリーチ

クレジットカードを持ちたくない人は『Edy-楽天ポイントカード』、楽天カードを使ってお得にポイントを貯めたい人は『Edy機能付き楽天カード』、スマホだけで簡潔にしたい人は『おサイフケータイ』と使分けることができるよ

夫・ケンちゃん

⑤ 楽天Edyが使えるお店が豊富

楽天Edyが利用できる店舗は全国に55万ヵ所以上あります。

大手コンビニエンスストアでは、ほぼ全て利用することができるので、ちょっとした買い物などで楽天Edyは大活躍してくれますよ。

楽天Edy-使える店舗

楽天Edyが利用できるコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート
  • スリーエフ
  • ポプラ
  • 京阪アンスリー
  • スリーエイト
  • くらしハウス

その他にも、マクドナルドや白木屋、魚民、笑笑等のモンテローザグループ・スーパー・オンラインショップ・ホテルや空港などなど、多くの場所で楽天Edyを利用することができます。

楽天Edyが利用できる店舗一覧は公式サイトでご確認くださいね。

参考 楽天Edyが使えるお店を探す楽天Edy

妻・コロちゃん

コンビニだけじゃなく、身近なスーパーでも楽天Edyが使えるのは嬉しいー!

iPhoneで楽天Edyを使うには?

楽天Edy-iPhone

Apple Payでは楽天Edyに対応していないので、iPhoneに楽天Edyを直接入れることができません。(同様にiPhoneでは、おサイフケータイにも対応していません)

iPhoneで楽天Edyを利用するには、専用端末のパソリ(RC-S390)が必要になります。

パソリとは?
iPhone等のiOS機器とBluetoothで接続して、電子マネーの残高確認やチャージができる非接触ICカードリーダー。

パソリは4,000円以上するのでiPhoneで直接、楽天Edyを利用するよりかは、「Edy-楽天ポイントカード」もしくは「Edy機能付き楽天カード」を使う方が賢明と言えるかもしれませんね。

妻・コロちゃん

iPhoneのApple Payでは楽天Edyに対応していないんだ(悲)
おサイフケータイジャケットや「wena wrist・pro・active」などのおサイフケータイ対応機器を使ったらiPhoneでも楽天Edyを使うことはできるけど…あまり向いているとは言えないね。。

夫・ケンちゃん

参考 iPhoneの使い方楽天Edy

楽天Edyの使い方・支払い方法

楽天Edy-使い方

楽天Edyの使い方は本当に簡単で一瞬で完了します。

レジで店員さんに「楽天Edyで支払います」と言って、レジに設置されている専用の端末にカードもしくはスマホをタッチするだけです。

スマホの場合でも、わざわざ楽天Edyアプリを起動する必要もありません。

専用の端末から「シャリ~ン♪」と音がなれば精算完了です。

お財布を取り出す必要も、暗証番号の入力やサインも何も必要ありません。

本当に便利で簡単なので一度使ってしまうと、現金払いが馬鹿らしくなってしまいますよ。

※楽天Edyは全国のコンビニで利用できますが、コンビニでの払込票には対応していないので注意してくださいね。

妻・コロちゃん

一度使うと、この便利さからは逃れられないのだ!!

楽天Edyへのチャージの仕方

それでは実際に楽天Edyにチャージする方法を具体的に確認していきましょう。

チャージする方法は、「Edy-楽天ポイントカード・Edy機能付き楽天カード・おサイフケータイ」でそれぞれ異なりますが、大まかには以下の5点のチャージ方法があります。

楽天Edyにチャージする方法
  1. 現金でチャージ
  2. クレジットカードからチャージ
  3. ポイントからチャージ
  4. Edyオートチャージ
楽天Edyにチャージする方法は、現金が一番簡単!でもクレジットカードを持っているならカードからのチャージやオートチャージを使うとポイントの2重取りができてお得だよ!

夫・ケンちゃん

① 現金でチャージ

楽天Edy-チャージ方法

現金でチャージする方法は、楽天Edy加盟店に設置している現金入金機からチャージする方法と、コンビニなどの店員さんにチャージしてもらう2つの方法があります。

店員さんにチャージしてもらう場合は、「楽天Edyにチャージお願いします」と伝えるとチャージの仕方を教えてもらうことができますよ。

1回のチャージ金額は、1,000円以上の25,000円が上限になっています。(※一部の現金入金機では小銭をチャージ出来るものも有り)

現金チャージは多くのコンビニでチャージすることが可能です。最近ではセブン銀行ATMで楽天Edyにチャージすることが可能になりましたよ。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • スリーエフ
  • セイコーマート
  • 生活彩家
  • くらしハウス
  • スリーエイト
  • WonderGOO
  • プロント
  • CAFFE SOLARE
  • 喫茶室ルノアール
  • ツルハドラッグ
  • すりの福太郎
  • ドラッグストア ウェルネス
  • セブン銀行ATM

現金入金機ではおつりが出ないこと、チャージ完了後の取消やキャンセルはできないことに注意してくだいね。

② クレジットカードからチャージ

楽天Edy-楽天カード

クレジットカードからチャージする方法は、「Edy-楽天ポイントカード」「Edy機能付き楽天カード」「おサイフケータイ」で異なってきます。

特にEdy-楽天ポイントカードにクレジットカードからチャージする方法は少しややこしいので、詳しくはそれぞれの公式サイトを参考にしてくださいね。

クレジットカードからチャージする方法

またクレジットカードと相性が良いのは「おサイフケータイ」です。

クレジットカード情報を登録すると、いつでも簡単にカードからチャージすることができるので、おサイフケータイとクレジットカードの組み合わせはおすすめですよ。

③ ポイントからチャージ

楽天Edy-チャージ方法

楽天市場や楽天カードを使って貯まった楽天スーパーポイントを楽天Edyにチャージすることも可能です。

ポイントからチャージする方法は、楽天Edy公式サイト「ポイントチャージ申請フォーム」から申請を出し、受け取り作業を行う必要がります。

申請が受理された後に、コンビニなどの楽天Edy加盟店やおサイフケータイの楽天Edyアプリからポイントでチャージした分を受け取ることが可能となります。

一度にチャージできるポイントの上限は25,000ポイントまで、月の上限は100,000ポイントまでに設定されています。また期間限定ポイントはチャージできないので注意してくださいね。

④ Edyオートチャージ


楽天Edyでは、チャージ金額が減ってきたら自動でチャージしてくれるオートチャージ機能を設定することができます。

オートチャージを設定すると、お買い物でチャージ金額が不足していても自動でチャージしてくれたり、残高が設定額より減少した時に自動でチャージしてくれる便利な機能です。

また、1日のオートチャージ限度額も設定できるので、「使い過ぎを防ぐ」というプリペイド式のメリットも活かすことができますね。

楽天Edyにオートチャージができるお店は、ローソンやファミリーマートなど全国で約150,000店舗で対応しています。

オートチャージに関する注意点は下記にまとめているので確認しておいてくださいね。

オートチャージ注意点
  • オートチャージは楽天e-NAVIまたはFamiポートで設定する
  • オートチャージの設定を行うにはクレジットカードが必須
  • Edy-楽天ポイントカードはオートチャージ対象外
  • 盗難・紛失の際にはオートチャージの設定解除が必要

オートチャージができるお店は、今後もドンドン増えていく予定なのでクレジットカードをお持ちの方はぜひ設定したいサービスですね。

楽天Edyについてまとめ

この記事で電子マネーの「楽天Edy」がどのようなものかを説明してきました。

長くなってしまったので楽天Edyの特徴や使い方・チャージ方法をまとめます。

楽天Edyについて
  • 楽天Edyはプリペイド式の電子マネー
  • 加盟店は全国で55万ヵ所以上
  • カードタイイプとアプリタイプがある
  • アプリタイプはポイントが選べる
  • iPhoneで楽天Edyを使うには専用機器が必要
  • 使い方はカードリーダーにタッチするだけ
  • チャージには色々な方法がある

特に、ほとんどのコンビニエンスストアで楽天Edyが利用できるというのは嬉しいメリットですね。

電子マネーは、レジでの清算時間を大幅に短縮してくれる優れた決済手段です。

是非この機会に電子マネーというキャッシュレス生活を取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です