【分かる】PayPay(ペイペイ)の送金方法と受け取り方|手数料と限度額の詳細

PayPay(ペイペイ)個人間送金方法

決済アプリのPayPay(ペイペイ)を使って個人間で残高を送金する方法や受け取り方法を解説しています。送金できない時に注意したいポイントや送金にかかる手数料や上限の詳細も記載しているので参考にしてください。

PayPay(ペイペイ)の個人送金とは

追記
PayPayアプリは2019年4月4日にアップデートされ送金機能もアップグレードされました。こちらの記事は最新の情報に更新済みです。

決済アプリのPayPay(ペイペイ)では、友達にお金(PayPay残高)を簡単に送金することができます。

PayPayの送金機能では、送金する相手の電話番号さえ分かれば、遠くの相手にもほぼリアルタイムで送金が可能です。

PayPayの送金機能は非常に便利な機能ですが、注意したい点や確認しておきたいポイントがいくつかあるので、送金方法と一緒に解説していきますね。

妻・コロちゃん

送金機能は便利やね!友達との会計の割り勘やちょっとしたお金の貸し借りにも使えるね
うん!でも送金機能を使う際に注意したいポイントもいくつかあるから説明していくね

夫・ケンちゃん

送金時の注意点

PayPay(ペイペイ)アプリで送金する際は、まずは下記の注意点を確認してください。

送金時の注意点
  1. 送金できるのはチャージしたPayPay残高のみ
  2. クレジットカードを使っての送金はできない
  3. 受け取り側もPayPayアプリが必要
  4. 送金の有効期限は2週間
  5. 一度送った送金はキャンセルできない

① 送金できるのはチャージしたPayPay残高のみ

PayPayで送金できるのは、ヤフーカードや銀行口座からチャージした「PayPayライト」のみになります。

アプリ登録の初回に貰える500円分の残高やキャンペーンや還元された「PayPayボーナス」は送金できないので注意してくださいね。

MEMO
PayPayライト:チャージした残高のこと
PayPayボーナス:還元されたポイント残高のこと
PayPayライトとPayPayボーナスの確認方法は?

PayPay(ペイペイ)残高詳細確認方法

PayPayライトとPayPayボーナスの確認方法は、アプリトップ下部の「残高」→「内訳を見る」からPayPay残高の詳細を確認することができますよ。

送金できるのはこのうちのPayPayライトのみなので、PayPayボーナスしか残高にない場合は、チャージする必要があります。

② クレジットカードを使っての送金はできない

PayPayの送金では、クレジットカードやデビットカードを使って直接の送金はできません。

カードに関しては、優遇されているヤフーカードを使っても送金はできないので注意してくださいね。

どうしてもクレジットカードからの送金を行いたい方は、間接的にはなりますが、PayPay残高に唯一チャージができるヤフーカードからチャージしてから「PayPayライト」を送金するという流れになります。

③ 受け取り側もPayPayアプリが必要

こちらは当然ですが、受け取る側もPayPayアプリが必要になります。

PayPayでは相手の電話番号さえ分かれば、送金することができますが、受け取る側のスマホにPayPayアプリがダウンロードされていなければ、送金された金額を受け取ることができないので注意が必要です。

④ 送金の有効期限は2週間

送金には受け取る側の有効期限が決められてるので、有効期限内に受け取り操作をする必要があります。

送金の有効期限は2週間に設定されており、これを過ぎると一度キャンセルされます。

キャンセルされた送金は残高に戻ってきます。送金した金額が消えるということはないので安心してくださいね。

キャンセルされた場合はもう一度、送金しなおす必要があります。

⑤ 一度送った送金はキャンセルできない

一度送った送金は、支払い側ではキャンセルすることができません。

ただし、受け取り側が「受け取りを辞退」した場合は送金がキャンセルされるので、間違って送金した場合は「受け取りの辞退」をお願いする必要がります。

また、「パスコードを3回間違えた」「有効期限の2週間が過ぎた」場合もキャンセル扱いとなります。

誤送金を防ぐためにもパスコードの設定は必ず行っておきましょう。

送金できない時に確認すること

「PayPayを使って送金ができない」と思ったときは、上記の注意点を踏まえた上で次のことを確認してみてください。

  • 残高に「PayPayライト」があるのか
  • 受け取る側もPayPayアプリをダウンロードしているか
  • 有効期限の2週間が過ぎていないか

特に、送金ができない理由は「PayPayライト」の残高が無いということがほとんどだと思います。

注意
「PayPayボーナス」の残高は送金できません。送金できるのは「PayPayライト」のみ

残高が無い場合はチャージして再度、送金手続きを行ってみてくださいね。

PayPay(ペイペイ)送金方法

送金の際の注意点が長くなってしまいましたが、ここからは実際にPayPay(ペイペイ)を使って送金する方法を具体的に説明していきます。

PayPayを使って送金する方法は主に3通りあります。

送金方法
  1. 電話番号またはPayPay IDから送金する
  2. QRコードスキャンで送金する
  3. リンクを発行してSNSで送金する

① 電話番号またはPayPay IDから送金する

ここでは、例として夫・ケンちゃんが妻・コロちゃんに100円を送金する場合で説明しています。

PayPay(ペイペイ)個人送金方法

まずは、PayPayホーム画面の中央にある「送る」ボタンをタップします。


PayPay(ペイペイ)個人送金方法

次に相手の電話番号(携帯番号)または「PayPay ID」を入力します。

この時に電話帳のアイコンをタップすると登録している電話帳から相手を探すことができて便利ですよ。


PayPay(ペイペイ)個人送金方法

次の画面では、実際に送金する金額を入力して「次へ」ボタンをタップします。

最後に、送金先と送金金額を確認して画面下部にある「●●円を送る」ボタンをタップすると送金完了です。

メモ
送金時に新たなパスコードを発行して送ることも可能です。こちらで発行したパスコードを知らないと受け取ることができないのでセキュリティ向上のため、パスコードの設定をおすすめします。

私は、電話番号から送金するほうが、QRコードスキャンで送金するより比較的に簡単だと感じました。

妻・コロちゃん

めっちゃ簡単に送れるやん
不正利用されないためにもパスコードの設定はやっておきたいね

夫・ケンちゃん

② QRコードスキャンで送金する

ここでは、例としてが夫・ケンちゃんが妻・コロちゃんに100円を送金する場合で説明しています。

PayPay(ペイペイ)では電話番号で送金する以外にもQRコードスキャンで送金することが可能です。

送金する相手が対面時の時などは、相手の電話番号を知らなくても、QRコードを読み取って送受信できることがメリットですね。

PayPay(ペイペイ)個人送金方法

まずは、PayPayホーム画面の中央にある「送る」ボタンをタップします。


PayPay(ペイペイ)個人送金方法

「友だちのQRコードを読み取る」ボタンをタップして、カメラ機能を起動させて実際のQRコードを読み取ります。


PayPay(ペイペイ)個人送金方法

次の画面では、実際に送金する金額を入力して「次へ」ボタンをタップします。

最後に、送金先と送金金額を確認して画面下部にある「●●円を送る」ボタンをタップすると送金完了です。

メモ
ここでもパスコードの設定は可能ですが対面で送金するのであれば、あえてパスコードの設定は不要かもしれませんね

受け取る側の作業

QRコードで送金を受け取る側の作業は、ホーム画面にある「受け取る」ボタンをタップすると自身のQRコードが表示されるので、そのQRコードを相手に読み取ってもらうだけでOKです。

PayPay(ペイペイ)個人送金方法

※ホーム画面から「アカウント」→「マイコード」からでもQRコードの表示は可能です。

MEMO 1
PayPay(ペイペイ)個人送金方法
QRコードの表示画面で「リクエスト金額を追加」ボタンをタップすると、送金してほしい金額とメッセージを添えることができますよ。
MEMO 2
PayPay(ペイペイ)個人送金方法
マイコードの画面の右上のアイコンをタップするとSMSやLINEなどのSNSでも自分のQRコードを送信することができます。
この方法を使うと離れた相手にもPayPayで送金してほしい金額を送ることができますね。

③ リンクを発行してSNSで送金する

PayPay(ペイペイ)では送金用のリンクを発行して、メールやSNSで送金することも可能です。

SNSでやり取りをしながら気軽に送れるのが便利ですね。

PayPay(ペイペイ)個人送金方法

まずは、PayPayホーム画面の中央にある「送る」ボタンをタップします。


PayPay(ペイペイ)個人送金方法

続いて「受け取りリンクを作成する」ボタンをタップします。

次の画面に実際に送金する金額を入力して、画面下部にある「次へ」をタップします。


PayPay(ペイペイ)個人送金方法

  1. 送金金額を最終確認し「●●円を送る」をタップします
  2. 「受け取りリンクを送る」をタップします
  3. 送金するSNSを選択します

以上でリンクを発行してSNSで送金する作業は完了です。

SNSで送金する場合はアプリ側で設定できるメッセージの他に、あいさつや案内をSNS上で書いて送れるのがメリットですね。

メモ
誤送金を防ぐためにも、ここでもパスコードの設定をしておきましょう

PayPay(ペイペイ)送金の受け取り方法

PayPayから送金された金額を受け取る方法はとても簡単です。

送金の受け取り方はPayPayアプリを開いて受け取り待ちリストから「受け取る」をタップするだけでOKです。

PayPay(ペイペイ)送金受け取り方

PayPayから送金されると、SMSでメッセージを受信するので、PayPayアプリを開きます。


PayPay(ペイペイ)送金受け取り方

「受け取り待ちリスト」をタップすると、受け取った送金のリストが表示されます。


PayPay(ペイペイ)送金受け取り方

リストの中から、受け取る送金をタップして、次の画面で「受け取る」をタップすると受け取り完了です。

メモ
パスコードを設定している場合は、パスコードの入力が必要です。事前にパスコードを教えてもらっておきましょう。

またPayPayのホーム画面の「お支払い履歴」から送金してきてもらった金額や相手の確認ができますよ。

妻・コロちゃん

ちなみにPayPayから受け取ったポイントってPayPayライト?それともPayPayボーナス?
送金で受け取ったポイントは「PayPayライト」として処理されるから、貰ったポイントを返金したり、違う相手に送金することもできるよ

夫・ケンちゃん

PayPay(ペイペイ)送金にかかる手数料と上限

PayPayを利用した際の送金手数料と送金上限額について記載しています。

手数料無料
送金上限額10万円まで

PayPay送金の手数料

PayPayでの送金手数料は無料になっています。

送金手数料が無料のサービスは、非常に嬉しいですね。

使い方によって、様々な用途で送金機能を利用することができます。

私たちは夫婦でPayPayを利用していますが、口座登録やクレジット登録をしているのは、夫のケンちゃんだけです。

妻のコロちゃんのPayPayでは、個人情報を登録したり紐付けしなくても、残高が足りなくなれば、ケンちゃんのアカウントでチャージして送金してPayPayを利用しています。

送金という大きなジャンルで考えると、銀行間の送金も数百円の手数料がかかりますし、未来のお金として注目されている仮想通貨の送金でも数円単位の送金手数料が必要になります。

妻・コロちゃん

PayPayは送金手数料が無料やし、私はケンちゃんから送金して貰ってPayPayを使うだけ!
友達との割り勘とか、色々な使い方ができるね

夫・ケンちゃん

PayPay送金の限度額

PayPay送金の上限について利用規約を確認しました、どこにも記載がありませんでした。

ということで、PayPayの問い合わせフォームから、PayPayに送金上限を問い合わせることにしました。

PayPayの対応やレスポンスの速さなども見定めてやろう…という魂胆もありました。(ちなみにPayPay問い合わせフォームにはユーザーからの問い合わせが殺到しているようですよ。)

実際に帰ってきたメールは▼コチラ▼

返信メール
PayPayカスタマーサポート●原です。

お問い合わせいただきありがとうございます。

「個人間送金の上限金額」についてご案内いたします。

恐れ入りますが、現在PayPayの個人間送金では、10万円の上限金額を設けさせていただいております。

個人間送金についての詳細は下記URLからもご参照いただけます。

◇個人間送金(譲渡)について
https://support.pay2.jp/consumer/s/article/1010

こちらは、お客様がPayPayを安全に利用することができ、悪質な犯罪に巻き込まれることがないよう、不正利用防止・被害予防の取り組みの一環となります。

また、PayPayを安心・安全にご利用いただくため、ご利用可能な金額とは関わりなく、お支払いいただけない場合がございます。

なお、取り組みの詳細の開示はできかねますので、あらかじめご了承ください。

下記ヘルプページに詳細がございますので、ご確認いただけますと幸いです。

◇不正利用防止・被害予防の取り組みについて
https://support.pay2.jp/consumer/s/article/1012

ご不便をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

そのほかにご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

この文面から、機械的なものではなく、担当の方がこちらが送った内容をしっかりと確認して返信してきてくださっているようですね。

とにかく、送金の上限は10万円ということが分かりました。

一部テンプレート的な文章もありますが、レスポンスも二日後に返信があったので、問い合わせが殺到していると考えると遅くはないと感じました。

妻・コロちゃん

PayPayの対応も問い合わせのレスポンスも悪くないんじゃないかな…
たくさんの問い合わせからPayPayアプリ自体もドンドン改善されているから、これからも安心して使えそうだね

夫・ケンちゃん

まとめ

ここまで説明してきたPayPayアプリの送金に関する特徴や注意点などを下記にまとめます。

PayPay送金まとめ
  • 送金できるのはチャージしたPayPay残高のみ
  • クレジットカードを使っての送金はできない
  • 受け取り側もPayPayアプリが必要
  • 送金の有効期限は2週間
  • 一度送った送金はキャンセルできない
  • 送金方法は「電話番号」「QRコード」「SNS」の3通り
  • 送金を受け取る方法はPayPayアプリを開くだけ
  • 送金で受け取ったポイントは「PayPayライト」
  • 送金手数料は無料
  • 送金の上限は10万円

PayPayは決算アプリですが、PayPayの送金機能は、手数料は無料で利用することができるので、使い方によって非常に便利なツールにもなります。

家族で使う場合は、子供にお小遣いとして決められた金額だけ送金してあげるという使い方もできますね。

送金機能を使う用途はそれぞれ異なると思いますが、PayPayの送金機能を使って快適なキャッシュレス生活を送ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です