LINE Payカードとは|ラインペイカードの特徴やメリット

LINE Pay-カード

LINE Pay(ラインペイ)カードとはどのようなカードなのかを解説しています。LINE Payカードの申し込み方法から特徴やメリット・デメリットを詳しく記載しているのでぜひ参考にしてください。

LINE Payカードとは

LINE Pay-カード

LINE Pay(ラインペイ)カードはLINEが発行している『LINE Pay』と連動したプリペイドカードです。

LINE Payカードは国際ブランドでもあるJCBを搭載しているので、JCBの加盟店であればどこでも利用可能です。

LINE Payカードの大きな特徴は最高で2%という高還元率です。以前は無条件で2%の還元でしたが、現在では利用状況によって還元率が変わるマイカラー制度が導入されています。

カードの発行や申し込みはとても簡単で、カードのデザインもLINEお馴染みの可愛いキャラクターものや、スタイリッシュなもの等、豊富なのも嬉しいポイントです。

もちろんLINEとの相性は抜群なので、LINE Payを利用している方は要チェックですよ。

妻・コロちゃん

LINE Payカードって前はコンビニで置いてたよね?
今はコンビニでの販売はなくなったんだ!LINEアプリから簡単に申し込みができるから問題ないよ

夫・ケンちゃん

LINE PayLINE Payとは?ラインペイの特徴やメリットを詳しく解説!

LINE Payカードはプリペイドカード

LINE Payカードはクレジットカードではなく『プリペイドカード』になります。

プリペイドカードとは先払い式のカードのことで、事前にカードにお金をチャージした分だけ利用できるというものになります。

お金の管理が容易で、使い過ぎを防げる反面、チャージしないと利用できないという不便さもあります。

ただし、オートチャージを設定することで毎回チャージする手間を省くこともできますよ。

妻・コロちゃん

プリペイドカードって毎回チャージするのが面倒なんだよね
オートチャージを使ったら普通のクレジットカードやデビットカードみたいに使えるよ

夫・ケンちゃん

大きく分けてカードは3種類
  • クレジットカード
    後払いで商品購入などの決済ができるカード
  • デビットカード
    支払い時に即預金口座から引き落としされる仕組のカード
  • プリペイドカード
    先払いでチャージした分だけ決済ができるカード

LINE Payカードのメリットとデメリット

ここではLINE Payカードの特徴と大きなメリット、さらにカード発行において注意したい(デメリット)点を挙げているので参考にしてください。

特徴ではポイントの還元率、注意したい点ではLINE Payカードの上限などは要チェックですよ。

特徴とメリット

  • 誰でも一瞬で簡単に発行できる
  • ポイント還元率最高2%
  • 使い過ぎの防止が可能
  • 利用履歴の確認がスマホで簡単にできる
  • 10万円以内なら補償が効く

誰でも一瞬で簡単に発行できる

LINE Payカードはクレジットカードではなく、チャージ式のプリペイドカードです。

年会費や入会費等の手数料は必要なく、事前の審査も無し・年齢制限などもありません。

また審査もないことからクレジットカードが持てない方でも一瞬で発行が可能です。

ポイント還元率最高2%

ポイント還元率は0.5%から最高で2%に設定されています。

ポイントの還元率は利用状況によって変わるマイカラー制度によって決定します。

カラー還元率利用金額/月
ホワイト0.5%0円~9,999円
レッド0.8%1万円~49,999円
ブルー1.0%5万円~99,999円
グリーン2.0%10万円

返還されたポイントは現金に換金できたり、LINE Pay残高に交換できる他、LINE STOREでLINEスタンプを購入したりできますよ。

使い過ぎの防止が可能

LINE Payカードは事前にチャージした分だけしか利用することができないプリペイドカードになります。

クレジットカードでは使い過ぎが恐いという方でも、お金の管理が簡単にできるので使い過ぎ防止にもつながります。

もちろんチャージしている残金はスマホですぐに確認が可能です。自分で決めた分だけをチャージしておくことで、無駄遣い防止にも役立ちますよ。

これからのキャッシュレス化に向けて、決まり事を決めたうえでお子さんに持たせるのもいいかもしれませんね。

利用履歴の確認がスマホで簡単にできる

LINE Payカードを利用するとリアルタイムでLINEに利用履歴の通知が届きます。

またLINE家計簿と連携すると、毎日の支払いやチャージ履歴なども自動で家計簿アプリに反映されるので、いつ・いくら使ったかを一目で確認できてとても便利ですよ。

LINE家計簿

LINE家計簿

LINE Pay Corporation無料posted withアプリーチ

10万円以内なら補償が効く

カードの利用で一番気になるのはセキュリティです。

カードを盗まれたり紛失したりしてしまって不正利用された時には、LINEの利用者補償制度を利用することができます。

ただし補償は原則10万円以内となっています。LINE Payカードにチャージする金額を10万円までに抑えておけば安心ですね。

デメリットと注意点

  • チャージが面倒くさい
  • 補償に10万円の上限がある
  • 決済の上限が100万円(1回)
  • 光熱費や保険料などの固定費の支払いに使えない

チャージが面倒くさい

そもそもLINE Payカードのようなプリペイドカードになれていないという方は、チャージが面倒だと感じる方も多いかもしれません。

LINE Payカードは自己管理が必要なので、残高を確認してその都度チャージをする必要があります。

本当に「めんどくさい…」と感じる方は自動でチャージできる『オートチャージ』機能を使うといいかもしれませんね。

オートチャージとは?
オートチャージは、残高が少なくなると登録している銀行から自動的にチャージしてくれる仕組み。チャージされる残高も自身で設定可能なので、使い過ぎるという事もありません。

補償に10万円の上限がある

メリットの欄では、LINE Payカードの盗難や紛失で第三者に不正利用された時には利用者補償制度が設けられていると記載しましたが、補償の上限金額は10万円です。

10万円以上は補償の対象外になってしまうので、十分に注意してくださいね。

※補償限度額を引き上げる個別検討制もあり

決済の上限が100万円(1回)

LINE PayカードとLINE PayのQRコード決済はともに1回における決済の上限が100万円に設定されています。(※本人確認後のLINE Moneyアカウントの場合)

注意
本人確認前のLINE Cashアカウントであれば、1回/1ヵ月における上限が10万円になります。

なかなか100万円を超えるような商品をプリペイドカードで支払うケースは少ないとは思いますが、100万円を超えるような高額決済には向いていないと言えますね。

光熱費や保険料などの固定費の支払いに使えない

携帯電話の月額費用、プロバイダー料、光熱費、保険料といった毎月の固定費にはLINE Payカードは使えない場合が多いです。

※LINEモバイルでは利用可能

今後、キャッシュレス化が浸透し、LINE Payなどが普及すればLINE Payカードも使える場が増えるかもしれませんね。

LINE Payカード申し込み方法

LINE Payカードを申し込む前にLINE Payに登録して本人確認(銀行口座登録)までおこなっておくとスムーズにLINE Payカードを発行できるのでおすすめですよ。

LINE Payの登録は3ステップで一瞬です。

LINE Payの登録方法

LINE Pay-カード申し込み

  1. LINEアプリの右下『ウォレット』から
  2. ウォレットから『LINE Payをはじめる』をタップ
  3. 利用規約に同意する

以上でLINE Payの登録は完了です。ホントに一瞬でしたね。

口座情報が分かるのであれば、この時点でLINE Payを銀行口座と連携させておきましょう。

そうすることで本人確認が完了し、LINE CashアカウントからLINE Moneyアカウントになり、様々な上限額がアップしたり、送金や出金などの機能を利用することが可能になります。

LINE Payカード発行方法

LINE Payカードの申し込み(発行)も一瞬で完了するので、続いて行いましょう。

  1. LINE Payを起動する
  2. バーチャルカード・プラスチックカードを選択する
  3. 本人情報を入力する

まずは、LINEアプリからLINE Payを開きます。

LINE Pay-カード申し込み

LINE Payの残高の下部『バーチャルカードを発行!』をタップします。


LINE Pay-カード申し込み

続いて『バーチャルカード』『プラスチックカード』を選択します。

バーチャルカードとは
JCB加盟店のオンラインで使用できるバーチャル(ネット上だけの)カードのこと
プラスチックカードとは
JCB加盟店の実店舗(リアル店舗)で利用できるリアルカード(バーチャルカードと番号が同じ)

絶対にオンラインでしかカードを使わないという方はバーチャルカードでOK!特に理由がなければプラスチックカードを選択しましょう。


続いて、『氏名・郵便番号・住所』の本人情報を入力します。

LINE Pay-カード申し込み

以上で、LINE Payカードの申し込み(発行)は完了です。これまた審査や難しい操作もなかったので簡単でしたね。

※プラスチックカードが手元に届くまで1週間~2週間ほどかかる場合があります。

まとめ

ここではLINE Payカードの特徴やメリット・デメリットからカードの申し込み方法をまとめました。

日頃からポイントを貯めている方やLINE Payを利用している方からすると必須のカードになるのではないでしょうか。

プリペイドカードなので、使い過ぎる心配がないのが嬉しいですね。

LINE Pay-カード

またLINE Payカード(プラスチックカード)のデザインは4種類あり、好きなものを選択可能です。

妻・コロちゃん

私は絶対カラフルのやつやな!!
アハハ…僕は黒のスタイリッシュなやつかな

夫・ケンちゃん

またLINE PayではVISAとの提携が発表され、2019年度中にLINE PayからVisaブランドのクレジットカードが発行される予定です。こちらも楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です