iD(アイディ)はチャージ不要の電子マネー|使い方や特徴を徹底解説

iD(アイディ)

チャージ不要の電子マネー「iD(アイディ)」について詳しく記載しています。iDの使い方や特徴・メリットを解説しているので参考にしてください。

電子マネーiD(アイディ)とは

iD(アイディ)

電子マネーiD(アイディ)は株式会社NTTドコモが運営するクレジット決済サービスです。

ドコモの運営ですが、もちろんドコモユーザーでない方でも利用することができますよ。

電子マネーといっても様々な種類の電子マネーが存在していますが、その多くがチャージが必要な前払い式(プリペイド型)ですよね。

しかし、iDは手間のかからない後払い式(ポストペイ型)の支払い方法を選ぶことができる電子マネーとなります。

後払い式でiD支払いをおこなうとクレジットカード会社のポイント還元の対象となるので、ポイントが貯まり現金で支払うよりもお得ですね!

また普及率も高いので日常で使えるお店が多く、便利な電子マネーとして人気ですよ。

ここでは「iD」の特徴や上手に利用するポイントなども記載しているので参考にしてくださいね。

妻・コロちゃん

後払い式の電子マネーってめずらしくない?
プリペイド型でチャージする電子マネーだとよく残高不足になるし、後払い式だとその心配はいらないよね!

夫・ケンちゃん

iDの種類

iD(アイディ)-種類-00

「iD」は3つの支払いタイプから選ぶことができます。

iDの支払いタイプ
  • 後払い式のポストペイ型
  • 前払い式のプリペイド型
  • 即時引き落としのデビット型

上記の3つの中で、もっともお得に利用することができるのが後払い式のポストペイ型となります。

クレジットカードで支払うことでポイントを貯めることができることはもちろん、電子マネーで後払いができることは手間も省くことができるので嬉しいですね!

その他のメリットもたくさんあるので下記で詳しく特徴を記載しています。

お得に利用するよりも計画的に使いたい方は、iDの前払い式のプリペイド型や、即時引き落とし型のデビット型で支払うといいですね!

ここからは「iD」のメリットでもある基本の後払い式のポストペイ型について記載していきます。

妻・コロちゃん

私はポイントも貯めてお得に利用したいから絶対に後払いのポストペイ型で決定やな
ワンポイント
  • ポイントを貯めてお得に使いたい場合はポストペイ型
  • 計画的に使いたい場合はプリペイド型またはデビット型

電子マネーiDの特徴とメリット

iD(アイディ)-特徴メリット-01

「iD」のポストペイ型の特徴とメリットは下記になります。

「iD」の特徴・メリット
  • チャージの必要がない電子マネー
  • クレジットカードのポイントが貯まる
  • 署名なし(サインレス)で買い物ができる
  • 上限はクレジットカードの利用限度額
  • 紛失・盗難補償付き
  • 全国で対応店舗が多い

チャージの必要がない電子マネー

iD(アイディ)-メリット

「iD」はチャージの必要のない後払い式(ポストペイ型)の電子マネーです。

後払いなのでチャージやチャージの確認が不要で、残高不足の心配をしなくてもお買い物ができるのは非常に便利ですね。

MEMO
後払い式(ポストペイ型)の電子マネーには、QUICPay(クイックペイ)とiD(アイディ)の2種類が存在します。

スピーディーに決済しようと電子マネーで支払ったのに、残高不足だとレジで足りない分を現金で支払うことになり結局時間がかかってしまった…という経験もある方も多いのではないでしょうか。

ポストペイ型はチャージの手間が省け、残高を気にすることなく支払いをできるのは非常に大きなメリットです。

後払い式ということでプリペイド型のようにチャージする必要はありませんが、クレジットカードの加入は必須になります。

電子マネーなのに残高を気にせずに使えるのはいいよね

夫・ケンちゃん

妻・コロちゃん

ケンちゃん使いすぎんといてやっ

クレジットカードのポイントが貯まる

iD(アイディ)-メリット

「iD」自体にポイントが付くということはありませんが、iDとクレジットカードを連動させて、クレジットカードで後払いをすることになるので、クレジットカード自体のポイントを貯めることができます。

クレジットカードの種類によって、ポイント還元率が異なるのでiDと連動させるクレジットカード選びも大事です。

還元率の高いクレジットカードを利用すればお得ですね!

iDは使える場所も多く使う頻度が高いことを考えると、数%の還元率の違いも塵も積もれば山となりますよ。

妻・コロちゃん

無駄をなくして資産運用するためにも「ちりつも」はめっちゃ大事やで!

署名なし(サインレス)で買い物ができる

iD(アイディ)-メリット

「iD」はクレジット決済でありながらも、レジで署名や暗証番号入力の必要なくサインレスで決済ができるのでスピーディに支払いすることが可能です。

※店舗により1万円以上の支払いをする時に暗証番号の入力が必要な場合があります。

クレジットカードを提示する決済だと、店員さんにクレジットカードを渡すことになりセキュリティの問題や、レジで暗証番号を入力したり署名が必要になりますよね。

サクッと会計を済ませるためにクレジットカードで支払いをしても、暗証番号や署名が必要なのは手間がかかります。

クレジットカード決済よりも、安心でより素早くスピーディーに決済ができるのが「iD」です。

署名とかってほんと面倒くさいし時間の無駄だよね

夫・ケンちゃん

「iD」の上限はクレジットカードの利用限度額

iD(アイディ)-メリット

「iD」は後払いというだけに、どれだけも使うことが可能と思いがちですが、利用できる上限金額はクレジットカードの利用限度額になります。

「iD」は実質クレジットカード決済と同じということで、後払いなだけに使いすぎそうで心配という声もありますね。

使いすぎてしまいそうで心配だと感じる人はクレジットカードの利用限度額を下げるというのも一つの手です。

基本的にクレジットカードの利用限度額は個人にあった金額で設定しているはずなので、支払えないほどの金額を使ってしまうということはなさそうですが、クレジットカードよりも「iD」は非常に手軽に利用できるだけに注意も必要ですね。

妻・コロちゃん

いくら便利だからって使いすぎちゃわないように自己管理もしっかりしなあかんね

紛失・盗難の補償付き

iD(アイディ)-メリット

スマホで簡潔できる決済は、スマホの紛失や盗難の心配も多いです。

しかし、「iD」はクレジットカードの補償対象となり、紛失・盗難で不正に利用された場合でも補償を受けることができます。

クレジットカードの発行会社によって、補償内容は異なりますが補償対応というのは嬉しいですね。

スマホ紛失や盗難は自己責任・自己管理が基本となりますが、万が一の補償があるというだけで安心して利用することができます。

また、おサイフケータイの「iD」の場合は使わないときはロックをかけてセキュリティを高めることも可能です。(スマホの機能によって遠隔ロックも可能)

こういった機能は事前に不正利用を防止することができますね。

紛失・盗難の時の不正利用時の補償付きは安心して使えるね。でもスマホにはたくさんの情報が入ってるから落とさないように気を付けよう

夫・ケンちゃん

全国で使える店舗が多い

iD(アイディ)-店舗

「iD」を利用するメリットの一つでもあるのが、「iD」が使えるお店が多いことです。

現金決済より便利でスピーディーだから電子マネー決済を利用したいのに、使えるお店が少ないと不便ですよね。

「iD」は対応店舗も多く、ほぼ全てのコンビニエンスストアで対応していますよ。

使えるお店が多いことは大きなポイントですね!

日常の買い物で電子マネーが使えると、お金を引き出すために銀行(ATM)に行く手間も省け、無駄な時間の短縮にもなります。

妻・コロちゃん

よっしゃ!私が普段よく夕飯の買い物に行くお店も対応してるし嬉しい
参考 「iD」が使えるお店を検索iD公式サイト

iDの使い方

iDの使い方はとっても簡単です。

iDのアプリの入ったスマホ、またはiD一体型クレジットカードを専用機器にかざすだけです。

iD(アイディ)-使い方
iDの精算は本当に一瞬で完了します。iDで支払いを行う場合はレジで店員さんに「iDで支払います」とお伝えくださいね。

また、iDの後払い式のポストペイ型の利用方法は下記の3種類となります。

iDの利用方法
  • おサイフケータイに対応したiDアプリ
  • Apple PayのiD
  • iDを搭載した一体型クレジットカード

おサイフケータイに対応したiDアプリ

iD(アイディ)-おサイフケータイ

おサイフケータイとは、携帯をかざすだけで決済ができるスマホ機能(Android端末)のことを指します。※iPhoneでの使い方は後述で説明します。

対応のスマホにiDアプリがインストールされていることを確認し、iDアプリを起動してカード情報を設定することができます。

iDアプリがインストールされていない場合は、ドコモ機種ならdメニュー 、ドコモ以外の機種ならGoogle PlayからiDアプリのダウンロードが可能ですよ。

おサイフケータイでは様々な電子マネーを利用することができますが、ほぼすべてが前払い式のプリペイド型となります。

iDのポストペイ型なら後払い式なので、チャージする手間や残高を心配することなく利用できる便利な電子マネーですよ。

妻・コロちゃん

おサイフケータイでも後払いが使えたら便利やね
iDアプリ (MVNO/SIMロックフリー端末版)

iDアプリ (MVNO/SIMロックフリー端末版)

NTT DOCOMOposted withアプリーチ

Apple PayのiD

iD(アイディ)-Apple Pay

iPhoneの場合はApple Payを利用することでiDを使うことができます。

Apple Payを利用するには、iPhoneに初めから入っている「Walletアプリ」を開き、クレジットカードを設定します。

iPhoneでもクレジットカードを設定することで、AndroidのおサイフケータイのようにiDを利用することが可能となりますよ。

MEMO
Apple Payにクレジットカードを登録すると「iD」または「QUICPay」のどちらかに自動で振り分けられます。Apple Payで「iD」を利用するなら「iD」に対応したクレジットカードを登録する必要があります。

またApple WatchにもApple Payが対応しているものもあります。

妻・コロちゃん

なるほど。iPhoneならApple Payで、AndroidならおサイフケータイでiDが使えるってことやね

iDを搭載した一体型クレジットカード

iD(アイディ)-クレジットカード

iDではスマホアプリからの決済だけではなく、プラスチックカード(リアルカード)でも利用することが可能です。

iDを搭載した一体型クレジットカードをレジの専用機器にかざすことでiDを使うことができます。

スマホ決済ではありませんが、クレジットカードをかざすだけで瞬時に決済が完了します。

iDに対応していない携帯電話をお持ちの方でも、iDを搭載したクレジットカードで素早く精算ができるのは嬉しいですね。

iDを利用した決済のメリットは、クレジットカードを店員さんに渡す必要がないので、暗証番号を入力する手間を省けるほか、セキュリティ向上にもつながりますよ。

妻・コロちゃん

さらにスムーズに精算ができるのはお客さん側もお店側も、どちらも嬉しいね

iDについてまとめ

iD(アイディ)-まとめ

ここでは電子マネーの「iD」ってどんなものなのか、さらに使い方や特徴・メリットを取り挙げました。

iDの一番の特徴は他のチャージ式の電子マネーとは違い、ポストペイ型と呼ばれる後払い方式が選択できるところです。

チャージの必要がなくなるので、毎回チャージする余計な手間が減るだけではなく残高を気にすることなくお買い物が可能となります。

ただし、使い過ぎには注意してくださいね。どうしても使い過ぎる方はクレジットカードの限度額の調整などがおすすめです。

また電子マネーは、専用機器にかざすだけで(一瞬で)決済ができるのも特徴です。

クレジットカードの情報を提示する必要がないので、セキュリティの向上にもつながりますよ。

一度「iD」を利用すると、あまりにも清算がスムーズにできるので、驚くこと間違いなしだと思います。

これからは現金を持ち歩いて、レジで面倒な小銭のやり取りをする必要のないキャッシュレスの時代が間違いなく到来します。

そんな近い将来の時のために電子マネー「iD」のようなキャッシュレス化を取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です