PayPayで100万円貰えるキャンペーン実施!キャッシュレス最新ニュースまとめ【3月16日】

キャッシュレスニュース-テンプレ④

3/16本日のキャッシュレス最新ニュースはPayPayで100万円貰えるキャンペーン実施!住信SBIネット銀行が「ミライノ デビット」を発表!JR東海でスマホのQRコード導入検討!等々をピックアップしています。

3月16日のキャッシュレス最新ニュース

3月16日 最新NEWS

前回のキャッシュレスニュースのおさらいクイズだよ!
LINE Payで3月15日から開始された「もらえるくじ」キャンペーンで貰えるものとは何でしょう!?

夫・ケンちゃん

妻・コロちゃん

「もらえるくじ」やねんからそりゃ『大吉の縁起の良いおみくじ』が貰えるんやん!くじ引き大好き~~
な、なるほど。。(大吉は自分で引くからこそ意味があるのだよ…ってそもそも大吉のおみくじってなんだよLINE Pay関係ねーな)

夫・ケンちゃん

※正解はページの最後にあるよ

PayPayで100万円貰えるキャンペーン実施

ニュースのPOINT!

  • 銀行口座登録で100万円or10万円相当のPayPayボーナスが当たる
  • 新規アカウント登録では500円相当のPayPayボーナスが当たる
  • 3月31日まで開催中

PayPay(ペイペイ)が3月15日(金)から「100万円もらえちゃうキャンペーン」を開催しています。

「100万円もらえちゃうキャンペーン」では、PayPayに銀行口座を登録したり、新規でアカウントを登録をした人にPayPayボーナスが貰えるキャンペーンとなっています。

キャンペーン内容
  1. 100万円相当のPayPayボーナスを50名に(銀行口座を登録)
  2. 10万円相当のPayPayボーナスを1000名に(銀行口座を登録)
  3. 500円相当のPayPayボーナスを10万名に(新規アカウント登録)

①②の「銀行口座を登録」はキャンペーン期間中にはじめて銀行口座を登録した人が対象となり、すでに銀行口座を登録している人は対象外となります。

①~③は重複で当選することはなく、一人一つのみの当選となるようです。

開催期間
2019年3月15日(金)12:00~3月31日(日)12:00

当選した場合は、2019年4月下旬にPayPayボーナスの付与が行われます。

ただし、100万円相当のPayPayボーナスが当選した場合は、1回あたり25万円相当を4回に分けて、4ヶ月間に渡り付与されるとのこと。

お得なキャンペーンなので、まだ銀行口座を登録していない方はこの機会に口座登録や、PayPayを利用していない方もこのキャンペーンを機にPayPayデビューしてみてもいいかもしれませんね!

妻・コロちゃん

100万円当たるってのは夢があるな!100万円当たったら私やったら何に使うかな~

住信SBIネット銀行が「ミライノ デビット」を発表

ニュースのPOINT!

  • 世界初のマスターカードブランドのデビットカード
  • カードの発行には住信SBIネット銀行の口座が必要
  • 非接触型決済「コンタクトレス機能」も搭載

住信SBIネット銀行が、世界初の新しいカード(Mastercard)を発表しました。

『ミライノ デビット』と呼ばれるMastercardブランドのカードで、コンタクトレス機能搭載のデビット付キャッシュカードです。

発行は2019年4月1日(月)予定となっています。

少し、情報が多いので整理すると、下記の3つが『ミライノ デビット』のポイントです。

  • Mastercard(マススタカード)ブランド
  • デビットカード&キャッシュカード
  • コンタクトレス機能搭載

キャッシュカードというものは、基本的にはATMなどで、入金したり出金したりするためのカードですが、そのキャッシュカードにMastercardブランドが付いて、デビットカード機能も搭載しているということです。

デビットカードは、クレジットカードのように後払いではなく口座から即時に引き落としされるカードですね。

マスターカードブランドでデビットカードの機能が付いたものが世界初となります。

さらに今回のこのカードでは、非接触型決済(タッチ決済)の「コンタクトレス機能搭載」も搭載しているとのことです。

カードの発行には、住信SBIネット銀行の普通預金口座が必要となりますが、ポイントも0.8%付くので住信SBIネット銀行の口座をお持ちの方はカードを発行しても損はなさそうですね。

マスターカードのデビットカードが世界初ってことなんだね!マスターカードだから世界中で利用可能だね!

夫・ケンちゃん

JR東海でスマホのQRコード導入検討

ニュースのPOINT!

  • 東海道新幹線でスマホ表示のQRコード導入検討
  • 2020年代の前半の導入予定
  • 東京オリンピック開催での訪日外国人向けの対策

JR東海がスマホの画面に表示する「QRコード」で東海道新幹線に乗降できるシステムの導入を検討していることが分かりました。

鉄道では東海道新幹線が初めてのスマホでのQRコード表示の導入となります。

紙の切符を使わないチケットレスでの乗車が可能で、訪日外国人などのIC乗車券を持たない乗客でも手軽に利用できることがポイントですね。

IC乗車券とは?
鉄道・バスなどの乗車券として使えるICカード。Suica(スイカ)、ICOCA(イコカ)、PASMO(パスモ)などがある。

導入時期は、東京―新大阪間で2020年代の前半の見込みのようです。

乗客がインターネット経由で予約を行い、スマホに表示されたQRコードを改札機にかざすことで乗り降りができる仕組みとのこと。

2020年の東京オリンピック開催と同時に、日本に多くの訪日外国人が予想されているので、新幹線利用に向けた対応が本格化してきましたね!

妻・コロちゃん

スマホで乗り降りができるのは便利やな!東京オリンピックに向けてキャッシュレス化が進んでる感!!

【クイズの答え】
正解は・・・・LINE Payの『春の超Payトク祭』での「もらえるくじ」キャンペーンで貰えるものは最大2,000円分相当のLINE Pay残高でした!

詳細は昨日のニュース記事でチェックしてね!
キャッシュレスニュース-テンプレ③メルペイがios先行でQRコード決済に対応!キャッシュレス最新ニュースまとめ【3月14日】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です